• 目玉商品から探す
  • ゲームから探す
  • 予算から探す
  • 参加人数から探す
  • 商品点数から探す
  • 商品カテゴリから探す

幹事の心得

披露宴やパーティに呼べなかった友人や同僚などを招待して、基本的には友人が主催する会のことです。
会費制のカジュアルなパーティ形式が一般的です。

幹事は、新郎新婦が自分たちができない部分をフォローする、いわゆる代理人なのです。
依頼されてから最終的に経費の精算をするまで、会に関わるすべてに責任を持つケースもあります。

幹事にはやることがたくさんあり、思い通りに運ばないことも多いのですが、ひとりで全部をこなす必要はありません。新郎新婦やスタッフと協力して、ゆとりを持って進めていきましょう。
―猗・進行:プランを立て、事前の準備を進める。 
⊃系鎖敬悗梁緲人:ふたりにかわってゲストをもてなす。 
D汗位髻Р饐貘Δ筌好織奪佞隆屬鮗茲蟷つ。 
い金の管理:収入、支出を管理して最後に報告する。

幹事を務めるにあたって、最も重要で難しいのが、新郎新婦との打ち合わせです。
新郎新婦ふたりともと仲のいい友人であれば問題はありませんが、友人の結婚相手とはそれほど親しい関係でないことが多くあります。

打ち合わせの際に新郎新婦ふたりの意見が合わないこともあります。そんなときは、相手側の立場に立って調整を進めましょう。 幹事が友人側の立場に立ってしまうと、相手は孤立してしまって話がまとまりにくくなります。まずは相手側に味方することで距離を縮めて、信頼関係を築いていくことが良いのではないでしょうか。

,匹鵑米鷦_颪砲靴燭い里?:新郎新婦のイメージを確認しておくことが大切です。たくさんの理想があるはずですが、その中で何を重視するのか順位付けなどをして明確にしておくといいでしょう。 △匹鵑淵殴好箸鮠径圓垢襪里?:二次会の雰囲気を作るのはゲストです。どんなゲストが参加するかによって、プランも変わってきます。ゲストが楽しめるプランを考えましょう。 2饐譴蓮:お店の雰囲気や料理、交通の便などを考えて5ヶ月前には候補をピックアップして3ヶ月前までには予約をしておきましょう。

ぅ僉璽謄のイメージは?:主役である新郎新婦が絶対にやりたいと思っている演出を確認しましょう。他の演出とのバランスも調整しやすく、全体のイメージをつかみやすくなります。

赤字が出ないように予算を組みましょう。
実際にかかる経費は予算より多くなるものなので余裕をもった予算をたてましょう。また、会計報告で使用するので、領収書はすべてとっておきましょう。

予算を立てる上で重要なのが、出欠の確認です。できるだけ早く、正確な人数を把握したいところです。日にちと会場、招待者リスト、会費が決まったら、ゲストに確認しましょう。
二次会では、往復ハガキやメールで出欠確認をします。期限までに返事のない人には、直接電話をかけるか新郎新婦に相談して新郎新婦から連絡を取って出欠を確認してもらうなどしましょう。
最近では、往復ハガキを使わずにメールで出欠確認をするケースも多いようです。送る方も送り返す方も手間が省けて、ほとんど費用もかからないのがメリットです。

会場選びは二次会において重要なポイントです。会場によってプランが決まるといっても過言ではありません。新郎新婦の意見もあるので、上手く調整していきましょう。
会場は、予算、雰囲気、設備、交通の便などの項目をチェックして選びます。プランのイメージにあっているのも重要ですが、ゲストの顔ぶれなども考慮する必要があります。
会場選びのポイント:(薫狼ぁ´▲▲セス M住察´た与瑤帽腓辰森さ ゥ好織奪佞梁弍 設備 Д廛薀鵑帽腓辰討い襪
二次会の会場として一番人気があるのがレストランです。貸切ならプライベート空間のようにゆったりと過ごせ、おいしい料理も楽しめるのでゲストにも喜ばれます。
結婚式や忘年会シーズンには、人気の会場は大安・友引の土日祝日からどんどん予約で埋まってしまいます。
会場はいくつか候補を決めて、新郎新婦と一緒に下見をするのがベストですが、時間がなく新郎新婦と予定が合わないときは新郎新婦に確認して欲しい事項を事前に聞いておきましょう。
会場選びではリザーブ時間も注意しましょう。幹事が先に入り、終了撤収するまでの時間を確保しましょう。
ドリンクはお酒が飲めない人の負担感を減らすため、フリードリンク制がおすすめです。
クラッカーやシャボン玉など、会場でのNGもあるので事前に確認しましょう。

二次会当日の情報やプログラムの進行表などを台本に集約しておくと分かりやすく、ハプニングなどがあっても臨機応変に対応できます。
ゲストは新郎新婦を祝福に来ています。ふたりとしゃべったり、一緒に写真を撮ったりしたいと考えているので、イベントを詰め込むのはやめて、歓談の時間を長くとった進行にしましょう。
項目を詰め込みすぎると、時間の予定が狂ったときの調整ができなくなります。ゆったりとしたプログラムなら、どんなケースにも対応できます。

事前準備で大切なことは、新郎新婦と連絡をとるのはもちろん、幹事同士やスタッフともしっかり連絡をとり連携をとることです。
人について確認しておくこと:―亰臂況の確認 ▲好圈璽舛簍抄修魄様蠅靴真佑墨⇒蹇´スタッフに事前、当日の指示
会場について確認しておくこと:.螢蓮璽汽襪蝋圓┐襪? 備品や機材、ケーキなどの持ち込みができるか? フリードリンクの開始時間 ぅ皀縫拭爾聾えやすい位置に設置できてるか
会場にある機材や備品を使用するときは、故障などしていないか確認しましょう。
当日、受付で必要になる小銭などを用意しておきましょう。

特集

ページトップへ